使える心理学

ピグマリオン効果

 ピグマリオン効果とは期待をかけられると応えたくなる心理のことです。

 

 人はほめられることによって、認められたと感じたり、期待に応えられたと考えたりします。やる気がうまれ、もっと期待に応えようと前向きな気持ちになります。

 

結果よりも過程をほめる

 ほめるなら結果よりも過程をほめましょう。
 心理学者キャロル・デュエックは次のような実験を行いました。

  1. 400人の子供にパズルを解かせる。
  2. 1つのグループには結果をほめ、もう1つのグループには過程をほめる。
  3. 次に難しいパズルと簡単なパズルを選ばせる。

 この実験の結果、結果をほめたグループは簡単なパズルを選び、過程をほめたグループは難しいパズルを選ぶという傾向がみられました。
 この実験でわかったのは、結果をほめられると失敗したくないという気持ちが働き挑戦しなくなり、過程をほめるともっと努力しようとより困難な問題に挑戦しようとすることです。
 仕事や勉強、スポーツでも、努力をほめてこそ、その人のやる気を生み出します。